オリジナルのぼり旗の製作にかかる納期

のぼりの作り方詳しく
のぼり旗を手に入れる時に、オリジナルのデザインののぼり旗を
手に入れたいと思う人もいるでしょう。

なお、その時にネット通販を利用する場合、どのぐらい早く手に入れることが
できるか、納期のタイミングが気になることがあるものです。

オリジナルののぼり旗というと、既製品ののぼり旗と違って入手が遅くなるという
イメージを抱く人もいるでしょうが、決してそんなことはありません。

迅速に発送してくれるプランというものがあり、このプランで注文すれば、
翌営業日に発送してくれる迅速さです。

迅速な発送

なお、注意しておきたいのは、これは翌日の発送ではなく、翌営業日の発送だということです。
つまり、注文した翌日が休業日の場合には、休み明けの発送対応になるということです。

また、注文するのが遅い場合にも翌営業日の発送ができなくなることがありますので、
急ぎでオリジナルのぼり旗が欲しい人は、何時までに注文すれば良いのか
確認しておくことが大切と言えます。
のぼりに適したサイズ

その他、翌営業日発送をお願いするには、サイズや仕様に制限があることもありますから
注意しておきたいところです。

それ以外にも、注文内容に不備があった場合には、やはり対応が遅れてしまうものです。

また、オリジナルののぼり旗を注文するとなると、データを入稿することになるわけですが、
データ内容に不備があった場合も、当然すぐの発送というのはできなくなってしまいますので、
この点も注意しておきたいところです。

のぼり旗の印刷と送料の仕組みについて

他にものぼり旗の印刷を業販店に依頼する際に留意しておきたいのは、
のぼり旗に印字するタイトルと旗のサイズを事前に決めておくということです。

デザインに関しては、製作側に提案をおまかせすることもできますが、
タイトルやサイズは依頼者に決めてもらうという形を取っている業販店がほとんどです。
サイズは業販店ごとに大体3パターンほど用意されていますので、希望のサイズを選択しましょう。

ほとんどの場合が幅60cm・長さ180cmの標準サイズで製作されていますが、
例えば道路沿いの人が多く通る道に設置する場合は、少し小ぶりののぼり旗の方が
通行人のジャマにならず、安全性も高まり安心です。

反対に、少し奥まった場所にのぼり旗を設置したいと考えられている場合は
ジャンボサイズののぼり旗にすることで、遠くから見た人にとって
丁度良い大きさとなりお勧めです。

また、のぼり旗のデザインについては無料で検討・提案をしてくれる業販店が多く、
提案されたデザインの変更については、印刷前であれば変更可能な業販店もあるので、
そちらを利用するのが賢い業販店選びのコツだといえます。

のぼり旗の印刷前段階であれば、キャンセルが無料という業販店もあるので、
そのあたりは事前に確認しておくことをおすすめします。

送料については、複数枚の印刷を依頼すれば無料になるという業販店も数多くありますので
上手くそれらを利用すれば送料を節約することができるでしょう。

安く 用途 文字 価格 のぼり旗の役割は 限定感 スマートな対応   お祭り   特徴   データ   使い勝手   活用   設置    注文時   大きさ   のぼり旗印刷業者   のぼり旗インクジェット   のぼり旗はデメリット   大きさも大小様々なサイズ   のぼり旗ネット    レストランの案内   感染対策グッズ サンプル画像の活用 制作時の注意点 サイトマップ